当組織について

基本理念

障がいのある人そして家族、障がいのある人を支援する人の想いを実現するために設立しました。
わたくしたちが求める社会 障がいがあるがままで、地域で共に生活できる、そんな地域社会」
「地域で障がいのある人が、必要な支援を受けながら、自分らしく安心して暮らしていける社会
そのために 「その人を、ありのままで受け入れる」
「その人と、とことん付き合い、そして寄り添う」
「その人の、期待を決して裏切らない」
「その人との、人間関係や信頼関係をとことん築く」
加えて、専門的な支援には、障がいのある本人だけの支援にとどまらず、家族への支援が含まれることも重要です。
障がいのある人が、安心して暮らすことのできる地域社会 困ったときには、いつでも、すぐ近くに相談するところがあること
相談することで、必要な支援が提供されること
親に代わる支援の基盤が、地域で充実すること
地域での生活が普通にできる所得補償がなされること
高齢になっても、地域で生活するための支援が保証されること
虐待防止や権利擁護が確立されること

理事長挨拶

ようこそ、特定非営利活動法人みつばちの家のホームページへお越しくださいました。
私たちの地域には、障がいがある方々がサービスを利用したくても福祉事業所が少なく
サービスをあまり利用できないという状態でした。
障がいのある方が地域生きがいを感じ普通に暮らすお手伝いをさせていただきたいとの思いで、
親さん方の協力も頂き、本法人を平成23年9月に設立いたしました。
同年12月には、日中一時支援事業所「さんさんさん」を開設し、
翌年5月には共同生活介護 / 共同生活援助事業「みつばちホーム」を、
その後、生活介護事業「ワークショップ ハニー」、日中一時支援事業「いきいき」、
移動支援事業「bee’」、計画相談支援 / 障害児相談支援事業「みつばち」、
放課後等デイサービス事業所「さん-デイ」を開設して参りました。
まだ開設して日が浅いため、いたらない所もあるかと思いますが、
いつも利用者さんの立場に立ち、何を求められているのかを考え、
利用者さんに寄り添い、笑顔が絶えないサービスの提供を心掛けたいと思っております。
そして、利用者さんに「生まれてよかった」と思っていただけるような、
継続的支援をし少しでも福祉の向上に寄与して参りたいと思います。
今後とも関係者の皆さま、ボランティア、地域の皆さんのご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

決算報告書

アクセスマップ

NPO法人 みつばちの家
放課後等デイサービス さん-デイ
移動支援事業 bee'

生活介護事業 ワークショップハニー
日中一時支援事業 いきいき

地域生活総合支援センター みつばち

このページの先頭へ